2010年03月20日

花屋は、心をお届けします。

今、世の中はいろいろな物であふれ、どんな物でも、たいていの物なら手に

入る時代です。

しかしそんな中で、人はかえって淋しさを感じるものではないでしょうか。


物質的に満ち足りてしまったからこそ、物ではなく、何か熱く心に響く

ものを求めていると思うのです。


花はどうでしょう。


花は、枯れてしまうし、生命も短いし、値段が高いからといって、つい敬遠

されがちです。

しかし、だからこそ価値があるとは思いませんか。


花は、食べるものではないし、着るものでもありません。

むしろ、役に立たないものとさえ言えます。


しかし、それだけに、もらった人は独特の感激が生まれるはずです。


花屋は基本的に、魚や肉、野菜や米などの物を売るのではなく、ハート、

感激を届けようとしているのです。


花にたずさわる者としては、一人よがりかもしれませんが、この点に大きな

誇りをもっているわけです。


花を贈って、贈られて、もっと豊かな感情を育てたいものです。


そういう意味からも、ギフト志向は、まだまだ大きく伸びる余地があると

思っています。






人気ブログランキングへ


posted by 夏島 洋 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 花事情最前線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。